Vimを勉強し始めました #1

learning_vim

Vim読書会 #1

先日から続けているVim読書会(一人)ですが、 今回からモチベーションのために記事にあげて行おうと思います。

本日読むソースコード

Vim-0.3

  • cmdline.c
  • cmdtab.h
  • cmdcmds.c

cmdline.c L3723行

cmdline.c: functions for reading in the command line and executing it

1
2
// L650:
static char_u * DoOneCmd(buff) char_u *buff; {

この関数で、コマンドラインからの入力を処理してます。 関数の前半部分で入力をパースして、後半部分でコマンドを分岐しています。

分岐部分はこんな感じですね。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
L1111:
cmdswitch:
  switch (cmdidx)
  {
    /*
     * quit current window, quit Vim if closed the last window
     */
    case CMD_quit:
      ...

    case CMD_qall:
      ...

:quitの処理を変更したかったら、case CMD_quit以下を変更すればいいです。

cmdtab.h L337行

また、CMD_...といった定数はcmdtab.hで初期化されており、全てのコマンドが定義されています。 コマンドは、ユニークなID,コマンド名,受け付ける引数がここで定義されます。

そのコマンドの実際の動作は、cmdline.cにべた書きされているという感じでしょうか。

Vim-3.0の書き方だと、コマンドがひとつ増える度にcmdline.cの分岐がひとつ増えるというヘビーな書き方なので、新しいバージョンではリファクタリングされてそう。

cmdcmds.c L541行

cmdcmds.c: functions for command line commands

cmdcmds.cは、cmdline.cでのコマンドの分岐で重なる部分の関数をまとめたもの、といった印象です。 Wordpressでいうfunctionsのような感じかな。一応、他の場所でも使える感じに仕上がっています。

この中には、do_aligndoshellといった、想像につく名前の関数がありますね。 CMD_moveで分岐した場合は、こちらに飛ばされます。

まとめ

コマンド関連の細かい実装を見るのは大変ですが、全体的に見ると読みやすかったです。 Vimのオプションやコマンド名が、そのまま変数に使われているので読みやすかったです。

:echoなどのコマンドを追加する場合は、ここら辺を弄るだけでなんとかなりそうですね! 次回トライしてみます。